スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4号特例

日経BP社「ケンプラッツ」WebサイトNewsにタイトルの記事が8/26付で出ていました。

 同種の記事は2回目ですので、多くの人たちの周知するところです。

  同Webサイトには建築・土木・不動産など21万人が登録しているBig専門サイトで

  情報収集には欠かせないサイトです。

4号特例廃止は何時になるかは定かではありませんが、先行して先を見越し運用をお願いしている

 という行政庁の記事です。 

  横浜市と兵庫県丹波県民局で、全国には他にも同様の対応をしている行政庁もあるのでしょう。

   私の居住地域は丹波県民局管内ですので、2000年の法改正後まもなく構造関係の図面等

    を添付するようにとの窓口対応だったと思います。 4号の中間検査時にも構造関係図書

    との照合で・・・  いざ実施されても、慌てふためくというようなことはない。従来のことを踏襲

  していけばよいだけである。 もう何年にも渡り予行演習をさせられてきたのですから・・・

  ただ審査は従前より厳しくなるのは当然のこととして受け止めています。

 等県民局(検査機関)への確認申請(4号物)は当たり前のごとく関係図書を添付しています

  ので、申請する建築士は廃止についての戸惑いは無いと思いますね。

記事掲載は ケンプラッツ です。

4号特例廃止
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。