スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝建保存修理現場へ・・・

お盆を前に現場では急ピッチで工事が進められています。

  暑い中、頑張って頂いている大工さんとの打合せに、ほぼ予定通りの進捗状況で安心して

   写真撮影などして、要件も済み近くのデカンショ祭メイン会場までテクテク歩いて・・・

 15~16日のデカンショ祭を控え、準備に忙しそうな人の動きなど、街中デカンショ祭モードで!

  よく雨に降られることが多いのですが、今年は天気予報によるといい天気で夏日の模様で

 400年祭デカンショも大盛況となりそうで、楽しみにしています。


重伝建指定の区域が将来、篠山市にて広がる予定になっています。  

 既に丹波新聞紙上で紹介されています。 篠山市伝建地区は「お城・武家町・商家町」の3点セット

  で指定され、全国的にも貴重な存在と思います。 そして近い将来もう1点増える形の伝建地区
  
  が形成整備されます。 「中世からの京文化の影響を受けた宿場町・農村集落」が城下町地区

  に継いで2つ目の地区が指定となる予定です。「4点セット」の篠山市の重伝建地区となり本当に

   貴重な、整備して後世に継承しなければならないものだと思います。

 兵庫県下では「神戸市の北野町異人館地区、篠山城下町地区、豊岡市出石」、そして

  篠山市東部地区の宿場町・農村集落等」の4つの伝建指定地区が存在することとなります。

  H22年度中に指定を受ける予定で、地区の人々、住民と行政、関係者等の多くの立場の

  人たちによりこれから計画が具体化されようとしています。

  直接的、間接的に関わらず町並みが整備されていくことに興味もあり楽しみですね。

京文化の影響を受けた農村地域  京街道



 
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。