丹波古民家再生PJ~武家屋敷

今日は古民家再生プロジェクトで、新しい現場の修理前の解体・片付けボランティアしてました。

新しい現場は、堀端の旧武家屋敷を再生するため、ボランティアの皆さんが蒸し暑い中頑張って

汚れ仕事をしてくれました。 3連休の初日でもあり、参加者はいつもより少なめでしたが、皆さん

慣れてきているのでスムーズに片付き予定を終えました。 次回も解体作業になりそうです。                     
                P1000475.jpg                                                      3~40年空き家状態で、屋内はかなり荒れている状況です。床廻りは腐朽部位が多くあり、生活感が無くなると家の傷みは早いですね。
        P1000476.jpg  P1000481.jpg

        P1000479.jpg  P1000480.jpg
      皆さん埃と汗で… でも頑張ってやってくれてます。 私はもっぱら写真を撮ったり、建築的

なアドバイスをしたり、楽な役回りで要領よくサボっています。

伝建地区内の武家屋敷(茅ぶき住宅) 築180年は経てます。 保存の為これから修理を手がけて

いきます。 完成後は… 果たして?どう利活用されるか、古民家のイタリアンレストランにとか、カフェ

とか… 夢が膨らみます。

隣では先週に竹林整備作業で伐採した竹で、空地の竹柵を設置していました。

武家屋敷群の一角になり、景観上見場を良くするため、保存会の人たちでボランティア作業です。
               P1000483.jpg
このように少しずつ町並み景観が整えられていっています。住民主体となってです。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: