伝建調査

本年度事業の現場が動き出すこの時期、もう来年度以降の準備調査で動いてます。

夏には22年度候補内定で基本設計に入ります。

調査の中で、写真(某家土蔵:江戸期建築)のような状況の土蔵を保存修理しますが

解体復原か、現状修理保存か予算面も含め中々判断が難しいことになりそう…

何年度の着手かは未定ですが、緊急度は高い物件になります。

            P1000197.jpg


また、伝統的建造物に熟知した匠の技が必要になりますが、篠山には経験豊かな

匠がまだまだ頑張っていますので、なんなくこなすでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: