全国伝統的建造物群保存地区 倉吉市大会

過日、5月20~21日にかけて鳥取県倉吉市まで全国大会へ参加してきました。

各地区の行政担当職員及び住民が一同に集まり、伝建について情報交換や、研修を

行ないました。 一番の楽しみは倉吉市の伝建地区の見学で、2日目は空模様を心配しながら

何とか午前中の予定が終了、午後は分科会での研修…『テーマは空き家』、伝建地区内の

空き家、空地問題について、全国の各地区における課題、問題点など出し合い研修を深めました。

その中で様子を聞いていると、篠山市におけるまちなみ保存会の活動は他地区に比べて

かなり活発に活動している様子が実感できました。 先般の文化庁長官表彰を受けたことが

納得できました。伝建に関して、保存会の活動はもとより、H2Oたんばの活動、NPOの古民家

再生プロジェクトで町並み、家並みを残す活動などなどリンクして相乗効果を生み出している

ように思います。兵庫県が全国に先駆けて創設した『ヘリテージマネージャー』の活動も大きな

位置づけが出来るものでしょう。

P1000104.jpg  P1000113.jpg  P1000127.jpg
 地区内の住居          土蔵群            住居
屋根瓦は石州の赤瓦も多く、近年の黒釉薬瓦も多く使用されています。

P1000162.jpg  P1000161.jpg
商家が保存修理され、登録文化財に登録されています。 同登録文化財の建物が数棟有りました。

ヘリテージマネージャーは埋もれている第2級~3級と位置づけされるような建造物など発掘して

登録有形文化財として文化庁へ申請登録できる資格です。今までは限られた立場の人しか出来なか

ったのが可能になりました。保存修理等にも、また利活用にと(マネージメント)深く関わっていき、

まちづくりのコンサル的役割を果たします。

登録文化財
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: