5月からキッチンに木が使える

木造住宅の「内装制限」が緩和された。国交省が4月1日付で施行した告示225号によるものです。
これまで「火気使用設備」がある部屋は「火気使用室」とみなされ、天井・壁には準不燃材料以上
の性能を持つ材料を使う必要がありました。今回の緩和は戸建住宅に限っての緩和規定である。

告示225号が新たに技術基準を定めたのは、調理用コンロ、ストーブ、暖炉、囲炉裏の4つだ。
「火気使用設備」の周辺で、今回規定された範囲特定不燃材料などで仕上れば、それ以外は木材などでも仕上ることが可能になった。広い和室に囲炉裏も可能かも…

詳細は国交省HPに掲載しています。 また「ケンプラッツ」日経BP社サイトで。

建告225号 国交省
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: