文化財への落書き!

昨日、篠山市河原町の伝建地区内にある指定文化財の土塀に悪質な落書きがされた事件は既に報

道されていますが、何とも言いようのない腹立たしさを感じています。

落書きは日本全国、世界中のあらゆる場所で見られるが、落書きを書く人の神経が理解できない!

川端家の土塀の落書きは広範囲に渡り、記念にちょっと!…という類のものではない。悪意を持って

書いたと思う。いたずらでは済まされない所業である。

保存修理・修復に関わっている立場の者としては本当に腹立たしい思いをしています。

文化財も単なるベニヤ板と同じ感覚なのか?誰がしたのか分からないがどんな神経をしているのか

全く理解でない。こんなことして楽しいのだろうか…?腹いせなのか?

こんなことは二度と有って欲しくない気持で一杯です。

神戸新聞 丹波版の頁へジャンプ
篠山市重要伝統的建造物群保存地区

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: