丹波篠山の家プロジェクト

丹波篠山の家プロジェクト(篠山市)が推し進めている地域の特性に応じた住宅スタイル
や活用策を提案し、地域の活性化及び篠山の住宅スタイルの推進、確立に向け取組んでいます。

現在、農村集落で集落景観と空き家を活かした取り組みを進めており、その一環として、地域
づくりワークショップ講座が開催されています。

今日は、「空き家」をテーマに『空き家の利活用とエリアマネジメント』と題しての基調講演を
〔島根大学教育学部准教授 作野広和先生〕聴きに行きました。

その中の一つに、多くの事例の裏づけを基にして、田舎暮らし・空き家の需要は多くあるが
供給側が対応し切れていない現実がある。
空き家が有っても所有権の問題で売らない、貸さないという考え方が多い。
従い、流動化しない。 また過疎化地域でも他地域からの人を受け入れないというような
排他的な考え方も有ったりして、空き家・不動産を物件化し難い、
空き家はビジネスにならない(都市ニーズと地元ニーズの違い)などなど・・・

色々と興味深い話で、田舎暮らしを提案する中でのヒントを貰ったような気持ちでした。

空き家|丹波篠山
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: