大阪まで講習へ・・・

昨日雨の振る中、大阪まで「住宅瑕疵担保責任保険」における現場検査についての
講習会へ。近畿地方では大阪会場で2回開催されますが、会場は200名制限で
満杯でした。

H21年10月1日から施行され、新築住宅の引渡しに資力確保が義務付されます。
建築事業者や不動産事業者は資金確保が義務付けになり、保険加入か供託金を・・・
10年間法律で義務付けとなります。
そのためには現場検査の義務付けとなり、その現場検査とは?ということの講習会です。
検査は保険法人に登録した建築士が行ないます。今回の講習はまだ概要レベルだけのもの
であり、これから保険法人毎の詳細な養成講習を経て検査員として登録出来る事になります
が、検査員に登録するかしないかはまた別の次元の話ですが・・・

事業者も設計者もこの責任保険のことは避けて通れませんので、知識を持つことが
必要不可欠となりました。

       瑕疵担保保険テキスト

昨日のニュースでは愛知県でしたか・・・マンションの耐震偽装についての裁判判決で
確認を下した自治体の構造審査のありように付けて賠償責任が問われた。
姉歯元建築士が手がけた物件は他にもあることから、また自治体、検査機関の責任が
裁判で問われるであろうと思われますが、またまたこんな状況では審査はより厳格に
なる感じがしてなりません。
一部の人間のために多くの真面目な者が大変な目に遇わされて・・・

住宅瑕疵担保責任保険  耐震偽装  確認申請
瑕疵担保保険の加入が殆んどで、供託は有っても大手メーカーくらいになる
のではと思いますね。
引渡し時の資力確保は厳しいのは当然のこととして有り続ける訳ですから・・・

また設計基準も住宅の場合は保険法人の設計施工基準に適合するように
しなければならないのである。現場検査も2回(基礎配筋・躯体・防水)及び
確認検査(中間・完了)も別で受けることになり、瑕疵に値する部位の手抜き
ミス等は防止できると思います。
運用面においては、検査は建築士が行なうが人間誰しも完璧に出来るとは
限らないと思うのである。いわゆる能力の差である。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: