さか井建築設計事務所~古民家再生・曳き家~伝建地区修景竣工0830

福住重伝建地区内、西京街道沿いの農村集落に建つ築80~90年の農業用建屋。

劣化が酷く、張間方向変位角約1/10rad、倒壊寸前の状況から、街道筋の景観保全のため

修景保存した。 曳き家工事を実施、十中八九解体される運命であった建屋。

所有者の地域愛となる大きな想いの中で、可能性を示し無事保存修理が可能となった。

伝建地区内の景観、歴史的風致を守り維持することは地域住民の大きな地域愛が

なければ伝建のまちづくりは成り立たない。

 これからの利活用として自家用農舎に拘らず公共的な使途も将来展望と

して望める。


PA300021a.jpg P1273585a.jpg

P8276139a.jpg P8276127a.jpg



往時活用されていた、農具・民具類も江戸期から明治以降へと街道筋農村集落で重宝されて

大事に残されてきたものである。現在では使用しないが歴史を感じさせられる貴重な資料として

保存されている。


P8276138a.jpg P8276142a.jpg


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: