篠山城下町~古民家再生プロジェクト・TV取材受ける。「NPO町屋研」

篠山城下町でNPO法人町なみ屋なみ研究所の古民家(町屋)再生プロジェクトが現在西町の陶々罨にて再生のお手伝いを進めている。WSは3~4回程度ですが9月1日の第一土曜日に3回目のWSを開講しました。
何十年と使われていなかった2回部屋の模様替えリフォ-ムをボランティア参加型WSで開講しています。再生プロジェクトは7年前より城下町で町なみ景観保全・空き家の利活用マネ-ジメントなど柱として活動しています。WSも数えると163回開講しています。毎月第一・第三土曜日の二回休まず活動を展開しています。

9月1日の第一土曜日のWSには、サンTVの番組取材が入りました。過去にもメディアには何度も取上げて頂いております。
毎月2回スタッフとして、(1級建築士として講師としてもかな)参画していますが… 中々厳しいものがありますね。

P1060518 (450x338)



大工作業などは電動工具を使用します。ボランティアの皆さんの殆どの方が建築には素人の方ばかり…(現場作業等に関して)工具は便利でなければならぬものですが、使い慣れない者が使う時は危険を伴います。
プロの大工さんが直接指導してくています。実際に体験をしてコツを覚えつつ作業に活かす… 緊張しながらもボランティアさん達楽しんでいますよ~
 
P1060743 (450x322)



床板張り作業を撮影しています。畳敷の仕様から杉無垢板フロ-リング張りに模様替えしています、

P1060755 (450x338)

P1060753 (450x337)

今回のサンTVの取材は 兵庫県広報番組「ひょうご“ワイワイ”」
日曜日あさ10:00~10:30放送 翌月曜日 夕方6:30~再放送

《 テ-マ 》 「城下町に新たな息吹」(篠山市)<仮題>

      城下町・篠山に残る武家屋敷や町屋を再生し、伝統的な町並みを守りなが
      ら新しいにぎわいづくりに取り組むボランティアの姿を取材。

           ふるさと新発見


今更ながら… 今までボランティアに参加して頂いた皆さん、様々な立場の人達が…篠山ファンになっていただけたのではと思っています。 建築が好きでDIYをやろうとまた進めている人、技術が分からず体験見学に来た人。ストレス発散でWSに参加、篠山ファンになってしまった人。大学生達…専門分野の研究の為実体験、セミナ-で見学、論文作成の事例調査。またまた大学関係の研究者達も来ましたね。子供から年配の方、女性も多いですねぇ… 田舎暮らしを目指している人も田舎との接点を求めて…参加してきた人も多いですね。

これからもスタッフ一同頑張ります。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: