スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築時期と季節感

いよいよ平成23年も押詰まってきた。 
寒波も襲来し、冬を感じさせられる時期です。

建築において、かっては新築(住宅)といえば気候の暖かくなる3月ごろから… 従来の建築の工法から考えて比較的工期は余裕を持って進めるのが常識でした。しかし新しい建築技術の開発、向上などもあり工期は短縮されてプレファブに関わらず3ヶ月程度で完成させている状況。
こういう事を踏まえれば当然かもしれないが…
12月半ばを過ぎて、年末までに基礎コンクリートを打設する新築現場の基礎配筋検査が立て続けに舞い込んできた。
流石に12月の基礎工事は無かろうと踏んでいたところ、連続で2件… 3月には完成。
住み手の都合もあるでしょう… 年度始めには落ち着きたい。それぞれ諸事情もある。
かっての湿式工法ではとても対応できない。乾式工法ならではのこと。
検査員としては仕事量が増えることはいいことではあるが…




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。