スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化庁主催:H23年度 登録文化財建造物修理講習会

台風15号が接近中の20~21日、三重県桑名市において、文化庁主催の登録文化財修理関係者等講習会が開催され参加してきた。全国北は北海道、九州宮崎県より100名余りが集まり講習会が持たれ研修を深めた。兵庫県より5名の出席、出発時から台風の影響で激しい雨が・・・ 行きはよいよい帰りは怖い♪♪・・・そんな歌の通りとなった帰りの行程、散々な目にあった。

        P1040435-00.jpg
登録有形文化財建造物の修理については、直ぐにそのような修理工事が出てくるとは思われないが、文化財の保存修理という考え方など参考になる事例を基に研修ができた。2日行程での講習会・・・初日は講義・事例発表などなどで終了。2日目の登録文化財修理現場見学が予定されていたが、ぶらりと下見に雨の中テクテクと・・・ ホテルへのチェックインまで時間が有るということで、知合い3人で外回りを見学に。

     
     六華苑
六華苑(旧諸戸清六邸)
 桑名市教育委員会発行 保存・管理・活用基本計画策定報告書より引用

山林王と呼ばれた桑名の実業家 二代目諸戸清六の邸宅として大正2年に竣工した。特にその洋館部分は、鹿鳴館などを設計し「日本近代史の父」と呼ばれた、ジョサイア・コンドルが手掛け、地方に唯一残る作品として注目されています。
洋館及び和館はH9年に国の重要文化財に指定され、他に6棟三重県有形文化財、離れは桑名市の有形文化財に指定されています。
見学日前日で、中には入れず写真資料を引用いたしました。


これは実写
       P1040436-00.jpg
      
       P1040443-00.jpg
西諸戸邸の主家、煉瓦蔵・・・ 凄いものである。太格子に虫籠窓。また鬼瓦がなんとも凄い大きなものが載っている・・・ 煉瓦蔵3棟連なっていてこれとて凄い物だ。この他にも土蔵が数棟もある・・・ 土塀などスパーゼネコンが現在修理中で(清水建設、竹中)見学の予定であったが、台風のおかげで中止となってしまった。


講習会が台風の中部地方直撃!で予定を切り上げ早く終了となった。凄い雨の中講習会場から追出された・・・ 桑名駅まで取りあえず・・・ JRで名古屋まで30分、何とか運行されていて名古屋まで。此処で困った!新幹線が動いていない!台風が過ぎるまでは動かないとの事・・・ 駅構内は乗客でごった返して、どうしょうも無い!動くまで待つしかないのである。5時間も止まっていて、ようやく17:30に名古屋からの折り返し運転で。東京方面の上りはいつになるか分からないらしい。東北などからの講習会参加者達・・・ 今日中にはまず帰れまい!とんだ講習会になったものである。


桑名市 六華苑重文
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。