スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波篠山の人気度UP

都会に近い田舎、丹波篠山が注目を浴びている。
特に篠山城下の古い町なみを散策する観光客など…入込み客が増えてきている。
古民家ブームも中々根強い! 町なみ保全を願う者にとっても好ましいことです。

伝建地区を抱える篠山、古民家を利活用したお店が増えてきている。
下記の写真の雑誌、「Richer(リシェ)」8月号で篠山特集が組まれてた。
古民家の店、などの紹介ですが町なかで同雑誌を手に・・・歩いている人を見かけるようになった。女性が多いように見受けられる。

     Richer(リシェ)-00

町なみ景観保全、空き家の利活用など積極的に進めている地元NPO法人町なみ屋なみ研究所、スタッフとして参画している者としてこの様にPRしてくれると相乗効果でより啓蒙が計れることを期待する。
仕掛け人もNPOの仲間でもあります。

篠山は何故そこまで魅力的なのか、外目線で篠山を見てみると地元民には見えないものが見えてくるのでしょうね。 町なみを活かした、古民家で新たに起業している人たちの多くは「外もの」といわれる人たちである。
地元のお店と新しいお店との連携で、お互いの相乗効果を期待したい。

Richer
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。