伝建古民家調査~概略調査

台風が熱帯低気圧に変わっても… 風はまだかなりきつい!

雨こそ時雨になっているが、朝一から伝建地区内の次年度修理事業に

向けて概略調査である。昨日の雨の中、京都テクテク… また今日も

午前中雨の中、丹波篠山テクテク… まぁ…今日は仕事ではあるが。


     P1030700-00.jpg
次年度以降の修理予定候補物件の一つ… かなりの老朽化!

町なみ景観を保持する為には、壊さずに残すべきではあるがどうなるか…


     P1030699-00.jpg
人が住まなくなっていくとどの家もこの様に朽ちていく。空き家の運命!

修理には所有者の理解がないと、いくら伝建地区内と言えど保存修理は

困難を伴う。売却されても修理には相当のコストが発生するが故、中々買い手が

つき難い。 負のスパイラルに落ち込んでしまう羽目となる可能性が高い。

伝建地区内の特定物件として、無断では解体できない、許可が出難い。

じゃあ… 自然に朽ち果てるのを待つという結論に成りかねないのである。

保存修理を手掛けている立場からみると、修理は可能ではある。しかし…

補助金は出ても、所有者の自己負担が欠かせないのである。

保存地区内の美観上も好ましくないのですが… 所有者の理解があれば!


立地場所はいいのですが… 土蔵もあり武家地で目の前には篠山城跡がある。

残念な思いで次の物件へと… 20箇所近く見て歩いた。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: