古民家の限界耐力計算・診断~研修会終了2011.0219

半年に渡り開講されて来た「古民家の耐震性向上の為の研修会PART2」が

終了した。運営スタッフとしてPART1~PART2延12ヶ月間関り、少しは

限界耐力計算の考え方など理解できたような感じ…??

私自身、果たして実践での応用が利くかな? 怪しいものですね。


     P1020822-01.jpg
今回が全6回(PART2)の最終回、受講者は建築士ばかりで現地調査を基に

計算シートへ実測数値、またそれから弾き出した計算数値当入力、計算

シート(ソフト)で現状の耐力を導き出す。補強には何処をどのような

方法で補強し耐震性を上げるのか… 難しい演習であった。




P1020839-00.jpg

実践においては、古民家の類は度台壁が少ない、瓦葺き屋根なら土葺きで

重い… 状況が色々と厳しい建物が多い。また住み手の古民家の趣きに対する

思い入れを尊重していくと、むやみに耐震壁を増設する訳にもいかず…

また耐震金物(ダンパー)当多用するとコスト面で大幅なUPに繋がる。

施工上の納まりもあり、ただ数値を上げればよいというものでもない。

大規模地震に対してどの程度の耐震性を持たすかにより大きく変わる。

事例サンプル例は安全限界1/15radより現状では傾く… それを1/17rad

まで補強するものです。実際に所有者の理解があれば屋根瓦を空葺きの

状況にすれば更に耐震性は向上するだろう。同時にコストも上昇!!

古民家の耐震
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: