スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古民家調査で…ギョッとしたこと

先日、知人の方と古民家を調査してたところ…

石場建ての建物、礎石に柱が乗っかってて、外周の基礎がなく床下が

開いてる建物でした。 古民家の建築様式ですが、床下には自由に入れる

状態でした。 床下の写真を撮って、整理していて初めて気づいたのですが

偶然、一枚の写真に… なんか動物か分からないような白骨が映っていて

びっくり仰天!

後の調査確認で、イタチか何かの死骸らしい。 床下でこんなこともある

良くあることらしいが、ほんとびっくりしました。

古民家の調査では、天井裏、床下など覗き調査写真を撮り、実測する

ことからまたこんなことに出くわすかもしれないが、一人での調査時には

ホント怖い思いするでしょうね。

今回は笑い話で済みましたが…
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年11月 | 12月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。