古民家の耐震性向上の為の研修会終了!2010・0619

1月より始まった研修会、半年間長いようで短かった。
木造限界耐力計算法による耐震診断の解説、高度な内容の講義…
難しい!伝統木造に同計算法で解析していくのは中々難解である。
伝統木造のような柔らかい建物には同計算法に基づく解析がベスト
であるということもよく理解できた。

P1000764.jpg  P1000763.jpg
神戸山手大での講義、遥か定員を超える受講者でプロの建築士
半年間非常に高い出席率で、本講義が最終です。
講師のSさんありがとうございました。

P1000766.jpg  P1000768.jpg
現地調査建物をモデルに解析結果の解説です。
講師のAさんお世話になりました。

P1000769.jpg  P1000771.jpg
調査建物をモデル化、軸組の模型を基に揺れ方の解説
荒壁塗りは天井裏、床下などで軸組と隙間なく塗りこんでない場合が多い。
隙間がある事による揺れ方の解説です。
講師のFさんお世話になりました。


受講者の皆さん、最後に高度な研修会もっと機会があれば受講したい
という思いが寄せられています。
この研修会の続編もやるべしで準備の段階です。まだ不確定ですが…

事務局として大変お世話になりましたことお礼申し上げます。


木造限界耐力計算法/耐震診断
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: