「木の家」の効力

昨今よく「木の家」という言葉を聞く。 実際私自身もよく使っているが、健康住宅
という「木造住宅」の代名詞のように言われています。

確かに自然素材をふんだんに使って、自然素材系の壁を塗る工法の住宅があちこち
で見受けられます。 この事は人間にとって一番相性が良いのだと誰しも考え始めた
結果だと思います。

記憶は定かではありませんが、何かの物の本か、新聞かで次のようなことが書いてあった
のを覚えています。

「内臓系の病気で入院したところ、全く異常のない心臓が苦しく、胸が痛い、息が出来ない
などの症状が起き、家に帰るとその症状が起きないではないか。
また、とある特別養護老人ホームでは、民家を借りて分園として始めたところ、徘徊や
不定愁訴がぴたりと症状が治まった。 これは木の力と言えるのではないか。」

そのようなシックハウス、シックスクールなど、症例は幾度と無く聞いています。
木の持つ力とは素晴らしいものであると再認識しています。 しかし、薬剤どっぷりの木とは
別ものであると思います。

木の家 自然素材 健康住宅

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: