H2O古民家再生部会へと…奔走

今日(31日)は県庁近くで部会の開催がありお出かけ…

現在、兵庫県が古民家の再生促進事業推進を行っています。

 また同主旨の促進事業を県建築士会でも推進していますが、こちらの事業推進を部会が

サポートしながら進められています。



事業推進の過程で、伝統木造建築物の耐震補強方法にバラつきがある。

伝統木造に相応しい補強方法が成されていないことが分かって来ました。

そこで、伝統木造に適しているとされる限界耐力計算法による耐震診断と補強を行う為に、調査内容

の合理化を行い、伝統木造に相応しい耐震補強を普及させることを目的とします。


構造専門家とともに、合理的・組織的に調査できる調査マニュアルをつくる。

自らのスキルアップも含め、「古民家の耐震性向上のための研修会」 6ヶ月工程で開催


古民家の再生なりに関わっている人なら関心のあるテーマだと思いますし、実際試行錯誤しながら…

 
それぞれ考え方や、条件も違うことでバラツキがある。 構造の専門家と協働でことを進めようと

するものであり、合理的・組織的に推進できれば耐震診断・耐震補強が消費者、所有者にとって

信頼の高い安心度として提供できる。

今、こういう方向への道筋をつけ様としているところです。


 古民家に住みたい、また修理して住み続けたいなど… 

そういう中で、やはり古い建物だから耐震的にどうなんだろう? どこをどう修理すればいいのか?

修理可能なのか? わからないから不安要素として残ってしまう。

 修理(補強)方法が分かりにくい(プロの見解にも幅がある)、だから予算費用もはっきりしない。


 古民家を再生し利活用しながら残していくことが循環型社会へ繋がる事になり、エコになる。


そんな話を県下地区より集まったコアメンバーで進めています。


  その会議が終わり、息つく間もないぐらいに、今度は北の方向めざし移動…

また次の会議に出席の為トンボ帰りを…  自宅を通り過ぎてどんどん北の方向へと、 すっかり

日が暮れて夜になってしまっている。  食事する時間も惜しみ、コンビニのおにぎりを

ほお張りながらの移動でした。


今日は疲れましたね。  でも充実感の持てた一日でした。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: