何の為に…竹林整備ボランティア

今日は伝建地区内の武家町にある竹林の整備作業ボランティアで汗をかいてます。

  環境物件の竹林は荒れ放題、成すがままの状況を整備しかけて3年目・・・

   今年は地元住民の皆さん、自分のまちは自分たちで綺麗にしようという動きにも

 なり、計画的に進めようというシステムづくりにも繋がり、私たちヘリテージもお手伝い

    する形に変わってきました。

  継続する事で、そこに住む住民の方の意識も変わってきたようです。


 ヘリテージマネージャーとしてまちづくり(再生)に繋がるマネージメントしていくこと…


   建築などの資源といえる物だけでなく、そこに存在してきた資源と位置づけできる物を

 保存するだけでなく、いかに活用していくかのマネージメントが大切と思っています。


  町なみを囲むような竹林、江戸期には防御壁としての役割を果たすべく形づくられた竹林


   今に残る「歴史的風致」文化遺産で資源でもあります。 放ったらかし、延び放題では


     見苦しい。 京都の竹林とまではいかなくとも、身奇麗な感じがベターと思う…

       P1010341.jpg  P1010337.jpg

ヘリテージマネージャー  武家町竹林整備  篠山城下町歴史的風致
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: