出石城下町へ~伝建講演会に参加して

生憎の雨降りでしたが、但馬の出石町まで伝建講演会・修理現場見学会に出かけて来ました。

講演は兵庫県教育員会文化財室長 村上裕道氏です。普段から村上氏の話を聞く機会もあり

また聞いても造詣が深いなぁとつくづく感じます。兵庫県における文化財保護について第一人者

です。 篠山市の伝建についても深いご指導を頂いて進めています。

       P1000979.jpg   P1000985.jpg


講演終了後、修理現場5件を見学し、担当設計者の説明など受け研修してきました。
       P1000981.jpg  P1000984.jpg

    出石は店舗が多く、ファサードをどう納めるか中々難しいところだと思います。

明治9年の大火当時の姿に復原するとなると、現在店舗としての機能が保てない現実があり

その兼ね合いが思案のしどころですね。 かといって設計者の独自性を強くは出せない、あくまで

復原修理が基本であるからで、機能的で、新しい技術・工法というものは伝建修理では必要性は

低い。 この地域に無い詳細な意匠は造ってはいけないのです。

    P1000995.jpg  P1000997.jpg  P1000998.jpg

大きな酒蔵の修理で、構造体の損傷が激しい倉の現場でした。 荒壁の着け方の伝統工法で、何ヶ

月もかけて3度塗り重ねるということでした。 最近ではこのような土蔵の本格的な修理は殆んど

見る事が出来ないので、いいチャンスでした。

篠山市の伝建修理現場の見学会も秋~初冬の頃に開催される予定です。

出石町伝建地区
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: