NPO町屋研の城下町地区の歴史的建造物悉皆調査~1410

PA250065aa.jpg

NPO法人 町なみ屋なみ研究所が篠山城下町地区の歴史的建造物悉皆調査

を進めている。 数多く残されている町家、古民家類、レトロな建物・・・

今回が2回目の調査、2班に別れMAPと建物位置、現況を確認しながら

チェックリストに基づき漏れ無くチェック。

2回の調査で250軒を確認出来た。

これから先、此の調査のまとめに入っていくこととなる。

2回とも神戸芸工大のOさんがアシスタントで助けて頂けた事に感謝。

HMの登録文化財申請のための実践演習~城崎温泉1018

週末は但馬・城崎温泉町で、文化財としての評価の仕方、現地調査を

しながらの演習です。

久し振りの城崎温泉・・・ 懐かしい。 母の実家が近くの津居山港近辺にあり

子供の頃毎年夏には訪れていた。

PA180006aa.jpg


PA180009aa.jpg PA180013ab.jpg

調査場所は温泉町の西南の隅に立地、早めの到着で先ず町なみの散策・・・

小さい頃の記憶と、近年に観光で訪れた時のイメージを

重ね合わせながらテクテク・・・

しかしながら、これ程多くの3階建て建物が連坦してたのには気付いてなかった。

改めて驚いた。


PA180087abc.jpg PA180092ab.jpg
PA180040aa.jpg

調査場所の臨済宗大徳寺派 萬年山極楽寺での実測調査、2日間の演習です。

城崎温泉町全体を国登録有形文化財として評価し

登録しようという動きが活発化してきています。

其の中の一つの建物として極楽寺本堂を対象として、現地調査に入っています。

町家の再生141014

待ちに待った町家の再生・・・ ようやく着工となった。

雨漏りが相当酷く、限界を超えていた状況。

P7041488a.jpg PA150017a.jpg
PA150013a.jpg

先ず奥の座敷屋根から瓦の撤去が始まった。屋根は土葺きで防水紙はない!

部分的には野地板は腐朽・・・ 穴が空いている。

全般的に想定内で、予想より程度がいい感じであるが・・・

果たして小屋組はどうだろうか。 明日の午後になれば全容が分かる。

伝建事業~文化庁金井調査官現地指導0930

H26年度伝建事業~文化庁金井調査官現地指導を受けた。

担当調査官として初めて来市されるのでいささか緊張気味。県教委、市教委
担当建築士等・・・現場を見ていく。現場毎に設計担当の建築士が説明をしています。

P9300008a.jpgP9300010a.jpg


P9300011a.jpg

伝建地区内の老朽建物・・・放置空き家として解体されたようだ。
屋根は抜け落ち・・・ 倒壊寸前だったように記憶している。
しかし・・・ この状況は如何なものか。 


P9300013a.jpg

福住伝建地区の空き家・・・管理者は遠方在住とかで、維持管理も大変。
保存修理に向けた動きが出てきたのは救いである。
内部の上部構造は中々のものである。凄い町家だ・・・ 利活用が期待されている。

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2014年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: