大山手論~北野の小さな路地裏から~ 北野重伝建考作室「Project-G」チ-ム

6月16日、神戸北野の小さな路地裏から… 神戸山手の町が形成されて行った幕末頃から明治期・大正昭和と… 古写真を基に語り部「中尾嘉孝」港まち通信編集長が熱く語ってくれた。
2月に北野町の伝建地区内で「旧グラシアニ邸」の火災があった。また伝建地区指定から30年を経て、当初の街から現在まで少し様変わりもしてきている。街並み景観保全の意識も時代とともに変化してきている。30年を契機に伝建地区、また景観保全の意識の持ち方などなど… 新たなこれから先の時代というか、申し送る必要があると考える。行政が今動こうとしている現在、市民の立場で自分たちの街を考えよう!と建築士有志十数名足らずのProjectが立ち上がった。


             画像が大きくなります

   0624神戸新聞   チラシ (800x475)


   Resume0616.jpg         P1060122 (640x471)

                       路地裏の異人館カフェ… 長屋です。



裏路地… 曲がりくねった狭い路地、斜面に張り付くように建物が… 異人館も数多く建っている。軽自動車も入れない路地裏、昔のあぜ道の曲がりくねった形がそのまま路地として残っている所が多いという。
現行の建築基準法に照らし合わせれば… 建物を潰して建て替えるということが出来ない所が多いように思う。だからこそ潰されずに残って来たのだと思われる。
この街の住民ではない私だが… 北野、異人館の街、伝建地区の街…いろいろと今までイメ-じを持っていたが、実は殆ど街の事は分かっていなかった。路地歩きを何回となくする内に街の様子が分かりかける。不思議と街の事が気になり始める… だんだんと好きになっていくような感じでいます。

Project-Gのイベント… 第2弾開催に向けてもう動き出しています。

ヘリテージマネージャー大会 in たつの市

兵庫県のヘリテージマネジャー登録制度が発足して10年を迎えている。ヘリテージマネージャー(歴史文化遺産活用推進員)登録制度の重要度が評価され、全国の各県で広がりつつある。
今年第10回ヘリテージマネージャー大会がたつの市において開かれた。

   HM大会チラシ (281x400)


午前中は町歩き、必ず開催地でのまち(町・街)の特徴を理解する為にもまちの路地歩きが効果的である。たつの市は醤油の町、また揖保の糸そうめんも有名であり、城下町でもある。


   P1050992 (400x298)

   P1050997 (400x298)
県指定重要有形文化財の堀家住宅(一橋徳川家領庄屋)が特別に見学が許され、朝一番に見学となった。堀家(主屋)は1767年の建築で現在より245年前の住宅です。立派な長屋門ですね、江戸末期までの建築ということです。主屋も殆ど改変されていないそうです。



   P1060034 (400x296)
醤油蔵のある町なみ景観… 道幅も狭く往時のままなんでしょうね。漆喰の白壁塗り込め壁に黒い焼き杉板のバランスが何ともいえずいい景観ですね。



   P1060011 (400x300)

   P1060041 (400x300)
古い町家も守り残されてきているのが実感として伝わってきます。城下の中で町屋が連坦して残っている地域を伝建地区に指定を受けるべく活動が進められています。
町家には開口部として虫籠窓がある。龍野の町家には金属格子を用いた虫籠窓があちこちと見受けられる、幕末頃からのディテールという。屋根瓦は桟瓦本葺きが多い。



       P1060023 (296x400)

   P1060028 (400x300)
龍野城も見逃さず、昼食もそこそこでテクテク… 現在の平山城は寛文12年に信州飯田から脇坂安政公が移って築城したとされている。本丸御殿、白亜の城壁、多聞櫓、埋門、隅櫓などが復元されている。

じっくりとまち歩きするには一日たっぷり時間が必要ですね。また訪れてみたい気持ちで午後からの大会イベントへと…


たつの市、東丸醤油、揖保の糸、堀家住宅
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: