篠山市伝建H家保存修理2011.08

H23年度の伝建保存修理工事を着手した。
篠山城下町、御徒士町の武家住宅主屋・土蔵の保存修理です。伝建修理が行なわれるのは2回目の修理となります。道路に面するファサードは2年前、今回は主屋の外壁・屋根の修理、付属屋の土蔵の外部全面修理です。
当H家は御徒士町(武家町)に残る武家住宅の中で一番古い建物といわれています。180年前の当町の大火にも焼けずに残った武家住宅で、江戸中期の建築とされています。

     P1030935-00.jpg


     P1040262-001.jpg

土蔵より着手、竹林に囲まれて・・・ 雑草と伸び放題の竹林、まず草刈りの準備作業から始まっています。仮設足場を架け、外壁の解体撤去。鉄板で外壁が補修されているが元の状態へ復元修理の為、屋根、外壁の解体が始まりました。


     P1040254-00.jpg

漆喰塗が剥落し、塗り込み荒壁の大きな構造クラックが現れて、軒裏のヌタグリ塗り込みもかなりの傷みがあります。外壁・軒裏共全面下地の荒壁まで現し、補修して中塗り行程(2回)・仕上げ漆喰塗りと進めます。


     P1040256-00.jpg

着手1日目からこんな状況が・・・ 覆い隠されていた外壁が現れると、過去の修理?の痕跡が。
隅部の通り柱の柱脚が?? 何だこりゃ!場当たり的な修理とはいえない手当てがなされている。またいつ沈下するか分からない状態で、沈下すれば仕上の壁に亀裂が入る。予期しないことですが、見え隠れ部位は蓋を開けてみないと分からないとこがあり、リスクも大きい。 
このまま見てみぬ振りをして黙って蓋をしてしまうとんでもない業者も世の中には居ることでしょう。しかしこのようなことは現実に存在する。予算有りきでしかたないという論理であるが、建築主は災難である。


篠山市伝建保存修理工事は、土蔵関係も多い。商家町では殆ど土蔵がある。何処とも建築年代は100年を超えるものが多く、傷みも進んでいることが殆どである。現在では農山村地域にも土蔵関係が残されてきているが、修理には高額な費用、手間が掛かる。 従い特に必要性が無ければ一般的に予算をかけず、簡易的な修理をしていることも多い。 左官仕事が主となる土蔵、匠の技術を見せ付けられる土蔵。しかし腕を振るう現場が少ないのが現実、伝建修理を通して伝統の左官塗り技術を伝えていく責任を感じています。


伝建土蔵保存修理

古民家の構造調査で一息・・・

相も変らず・・・ 古民家等に走りまわる毎日である。 新築とは違う面白みがある、どんどん深みに嵌まっていく感じであるが楽しい!
調査といってもいろいろある・・・ 今日は個別の物件の構造調査です。
片付けも概ね済み、現場の実測で計測もし易く再確認作業です。物が山のように散らかってればまともに計測も出来ない、何度となく確認作業をすることになる。今回は軸組みの確認ですがすっきりすると写真も撮り易い。

     P1040231-00.jpg

     P1040192-00.jpg
屋根裏の構造の確認・・・ 何か以前室内側で化粧面として見せていた仕上げが・・・天井裏に隠されてしまっている。模様替え修理されてきた痕跡ですが。また目視で確認し易くなり、構造材の腐朽度なり、軸組みの組み方の確認です。壁の位置、状態など確認作業として重要です。もっと屋根裏も確認しないと・・・ 時間切れで又の機会に。


町なみの古い和風建築物で一定の区域内分布調査・建物概要調査など・・・ 今まで外歩きはあまりにも暑くてできませんでしたがボチボチ動き出さなければ締切り日も・・・迫ってきた。中には有形登録文化財として登録するに相応しい建物が発見できるかも・・・まれではあるが。

またある神社で800年近い歴史のあるといわれるものを有形登録文化財として相応しいのではと、調査を始めたところである。一応2年計画で進める予定ですが、これもまた集中してやらねば中々進まない。気力と耐力が持続できない事が実感として真に迫ってきた。年には勝てない!!

気分転換ということでもないですが、委託された新築物件の現場検査業務を始めました。新築住宅建築時には建て主保護の観点から、法律で請負業者・販売業者など資力確保措置の為、保証保険に入ることが義務付けされています。保険法人の示す施工基準に従って施工しなければ保険加入は出来ません。その為の施工検査を委託業務として始めています。
基礎構造・矩体構造・防水の主に構造検査業務ですね。責任ある業務となります。
先日の現場での基礎検査・・・ 丁寧で施工基準に沿った良好な現場でしたね。


住宅瑕疵担保履行法

丹波篠山の左官/壁一面に絵巻の世界・匠の技!

篠山市左官技術研究会の会員で60周年を迎え、篠山市ゆかりの絵巻「鼠草紙」の世界を長さ9mの壁面に再現する事業に取組んでいる。
お盆の13日、14日に作業公開をしていたので、所要のついでに覗き見てきました。中々のもので遊び心で左官の皆さん楽しそうに・・・鏝先に神経を集中さして・・・


         神戸新聞丹波版記事を転記したもの、拡大できます。
           CCF.jpg



急遽、携帯カメラで撮った写真ですので画質も悪いですが・・・

   201108141011000-00.jpg

   201108141016000-00.jpg

   201108141013000-00.jpg

   201108141014000-00.jpg

漆喰に天然顔料を混ぜ、色合わせしながら・・・ 実際の物語の核となる5場面を今回長さ9.1m×高さ1.8mの石膏ボードに描いている。


鼠草紙

真夏の祭典!第59回デカンショ祭りin丹波篠山

お盆を迎え、いよいよ今年のデカンショ祭りが8月15~16日に開催されます。
篠山城跡三の丸広場で繰り広げられる民謡の祭典。県下一と自負しています。
日本一の木造櫓を囲み、真夏の夜は更に熱くなる!

   P1040145-00.jpg



もう既に総踊り会場の設営は完了しています。目の前の市役所3階窓から仕事のついでに窓ガラス越しですが一枚。
背景の大書院を模して3年前に、ささやま百年家を発起人として市民の皆様の熱意を結集!日本版ギネスブックにも登録しました。木造櫓としては日本一!です。


   P1040149-00.jpg



   P1010183-1-00.jpg
昨年度の総踊りの様子です。ライトアップされた木造櫓が夜空に浮かび上がります。神秘的な雰囲気も感じさせています。


2日間で2.0万人以上の人が集まるデカンショ祭り・・・ 是非お越し下さい。
真夏の暑い夜、デカンショ踊りでヒートアップ!!


デカンショ祭り 丹波篠山
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2011年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: