歴史的まちなみが崩れようと…町家の解体、HMの嘆き

今、正に歴史的町なみが崩れようとしている。

HM(ヘリテージ・マネージャー)として悔しい思いである。

自分の地元での出来事、何とか残す手だてはないものか、惜しい!

    P1010963.jpg  P1010958.jpg
古い街道町、宿場町であった町なみの一角…ごっそり抜けてしまったら…

まだまだ傷みもあるが再生、利活用可能です。何とかしなくては!

解体寸前のタイミング… 活かしていくシステムづくりを大至急構築しないと!

自らも動かねばなるまい! 所有者の理解が得られるか全く未知数であるが…

そんな思いで写真を撮っていました。

町なみ景観を崩すと二度と元へは戻らない。何とかしょう!!

町なみ景観

続きを読む

tag : 町家の解体

古民家の耐震性向上のための研修会PART2~限界耐力計算

古民家の耐震性向上のための研修会PART2 スタッフとして顔出し。

PART2は分担制で進めているので第3回目で初めての顔出しとなった。

今回は計算シートに仮想建物の計算を入力演算してきたものをチェック。

受講生三十数名、建築士…プロばかりですが、やはり中々難しい。

県下より神戸へ集まり研修を積んでいる。計6回の研修会、次回現場調査

に入り実践です。構造調査の結果計算シートへ入力、診断をしていく。

P1010799.jpg  P1010802.jpg  P1010803.jpg
    講師陣もPART1と同じ陣容で進めています。

終了後、会津若松より建築関係の方との懇談会に顔出し…

ヘリテージマネージャー制度への関心の深さを伺った。文化財保存・調査

など身近に存在している建物、構造物など調査、保存更に町なみ景観へと

活動する人材つくりに大きな関心を寄せられていました。

            P1010806.jpg
スタッフ数名で対応… 有意義な意見交換となりました。

ヘリテージマネージャー

挑戦中!~生き延びをかけて…

日本全体、特に住宅業界の低迷… 新築軒数の落込み…

今に始まった事ではない。人口の減少、高齢化、経済状況…

いろんな要因が複合的に絡み、住宅業界の低迷が諸に裾野の広い

関連業種に影響を与えている。身近な地場の業界関連の落込み

は厳しいものがある。

そのような状況下、他地域との連携で生残りをかけた動きを始めようと

現在、奮闘中である。

丹波地域と淡路地域、丹波の木材・淡路の瓦を連携する中で、新しい

住いのあり方、住宅の提供などをテーマに研究を始めている。

新しい次世代住宅の提案、どのようなものとして提案し、販路を拡大して

いけるか。まだ始まったばかりであるが… 簡単なものではない!

関連業種15名、設計事務所・工務店・瓦製造業者・木材供給業者etc…

関わる其々の立場の者の意識の高揚、共通認識の構築、マーケティング…

中々先が見えない、動き方が見えない… 難しいもんである。

学習から実践へと動き出すためにも、いろんなものを見て、感じ、話を聞き

自己研鑽を積んでいるところである。

今日は、左官をテーマに丹波篠山の南左官さんの左官ミュージアムを訪問しました。

                  P1010792.jpg
左官技術を残し伝えるために自ら左官ミュージアムを建てられた南左官さん。
意匠デザインは<久住章>さん、日々左官技術研究をテーマに交流をされています。

   P1010789.jpg  P1010791.jpg  P1010790.jpg

伝統的な左官技術、塗り壁技術など残し伝えていくという志しには共感しています。

多くの若い左官職人さんたちも共感し、自らの研鑽のために機会あるごとに県下を始めとして

県外からも広くから集まって研究を重ねておられます。


左官ミュージアム/丹波篠山

四苦八苦…苦戦中!

長らく書き込みができず、久しぶりである。

日々の雑多なことに追われ… PCと毎日睨めっこはしているものの

気持ち的に書けない。

HPの更新も半年振りに環境も整い少しずつ…  しかしそれが上手くいかない!

PCトラブルから半年が、一からデータベースの構築。

集中してやらねば中々完成しない。不具合だらけのサイトのUPになった。

修正が上手く行かないできない…。ストレス増大!!

まぁ、ボチボチとするしかないのである。

リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2010年11月 | 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: