文化財への落書き!

昨日、篠山市河原町の伝建地区内にある指定文化財の土塀に悪質な落書きがされた事件は既に報

道されていますが、何とも言いようのない腹立たしさを感じています。

落書きは日本全国、世界中のあらゆる場所で見られるが、落書きを書く人の神経が理解できない!

川端家の土塀の落書きは広範囲に渡り、記念にちょっと!…という類のものではない。悪意を持って

書いたと思う。いたずらでは済まされない所業である。

保存修理・修復に関わっている立場の者としては本当に腹立たしい思いをしています。

文化財も単なるベニヤ板と同じ感覚なのか?誰がしたのか分からないがどんな神経をしているのか

全く理解でない。こんなことして楽しいのだろうか…?腹いせなのか?

こんなことは二度と有って欲しくない気持で一杯です。

神戸新聞 丹波版の頁へジャンプ
篠山市重要伝統的建造物群保存地区

古民家現調続編

今日は2月の気温ということで寒い中現調の続きでした。

床下の状況、屋根の状況の調査をしましたが、鼻がグスグスと…屋根の上に上がると

思わず身震い! 早々にポイントだけ確認して室内へと。

   P1020867.jpg  P1020865.jpg  P1020859-2.jpg
床下廻りはそこそこ手を加えてある状況で腐朽部位は少ない感じだった。

少し気になったのが、床束の沓石をコンクリートブロックで修理しているところ、まぁ床の

上部荷重だけなら… しかし感心しない施工である。 古い当初の土台も残されては

いるが、途中で切られてしまっている部位のあり少し雑な仕事振りである。

当初礎石の上に柱が降りていたと思われる部位に土台勝ちで柱を切断している

が接合部処理はどうなっているのやら… 床束も半割りの端材で受けているところもあり

まともに上部構造の荷重が掛かっているところもあるやも知れず、不安要素が残る。

それに足固め(根絡み土台)の接合も簡単な釘打ちだけのところもある。 剛性を確保

する為にも床部は全面解体が必要な感じでした。 場当たり的な修理の状況である。

次回は傾きとレベル確認の作業になりますが、中々予定通りにスケジュールをこなせない。

            P1020936.jpg
屋根の上からの眺望です。(寒かった…)

夜には、篠山に拘りを持ったグループ(ささやま百年家)の会合があり、本日より新生(ささやま

百年家)としてスタートしました。 今までは少し縛りが有ったのが、これからはグループの自由な

発想の基、活動が展開できます。 早速、大きな話題性のある事業を展開しようと準備が着々と

進んでいます。グループ代表も任期満了で交代して新たなる展開をしていくことを確認仕合ました。



古民家  ささやま百年家

古民家の現場調査へ 0425

今日は午後より市内の古民家の現場調査へ…

再生すべく先日依頼を受けた物件を取合えず現場調査しないと何も始められない。

昭和期初期頃の田舎の農家住宅ですが、そこそこ手が入れてあるようで

傷みもそれほど酷くなさそうで、再生にあたり大規模な修理はあまり無い感じでしたが…

ただ、床下廻り、水廻りの見え隠れ部位、屋根がどうだか…また傾き、沈み込などなど

これからの調査による。

これから新しいオーナーの暮らし方、使い方などをヒヤリングしながらプランづくり、プレゼン

が始まる。 家事態も少し趣きが変わったところもあり、面白い提案が出来そうな

印象を受けてきました。

出格子窓から柔らかい日差しがさし、格子越しに明るい外がよく見え、なんとも

風情がある雰囲気でした。 農家住宅には縁側が設けてあるプランが出格子窓に

なっていて面白い。  この格子窓はサッシなどには変えず、生かそうと

思いながら・・・寸法取り、野帳作りと予定の時間も直ぐ過ぎ去って、また後日に

と片付け、戸締り。

あくまで個人情報なので公開は慎重にしないといけないので・・・全容はもう少し

先延ばしにします。

          P1020726-1.jpg
              出細格子窓  

出格子窓    細格子
たんば篠山田舎暮らし

丹波古民家再生プロジェクト0418

今回のボランティア講座には… 徹夜して参加してきました。

おかげで撮った写真もピンボケが…

今回から大工作業講座に入り、少しレベルの高い作業でした。

土台の柱ホゾ穴掘り、継手加工と桁材の金輪継手加工と果たして

何処まで出来るかな?と思いきやボランティアの皆さん中々うまい!

大工さんが付きっ切りでアドバイスしてましたが無事完成!!

女性もノミで刻み作業…中々好きで参加されてるだけに手つきがいいです。

P1020675-1.jpg  P1020659-2.jpg


また、今回はM女子大の建築科の生徒40名程が再生現場の見学に

来られ、真剣にメモ、スケッチにと...

P1020666-1.jpg

CAD図面が・・・

この頃自分の思いとは裏腹に、動作が鈍ってきている感じがしてならない。

歳相応かもしれないが、CAD操作が遅くなり自分でもこれじゃ駄目だと

気力を絞って頑張るのですが・・・

もともと早い方ではなかったのが、若い人と同じくらいにスタートしても

出来高枚数、量とも全然歯が立たない!メールで出来型送ってもらって

愕然となった。所詮若い人より勝るとはハナから思ってはいないのですがね。

歳とともに耐力、気力が落ちてきているのは自覚してはいるのですが・・・きつ

でも、突貫で書き上げねば・・・スケジュールが停滞してしまう。頑張るしかない!!

CAD

取りあえず復旧!!

先日来よりHPの工事中・・・ 取りあえず復旧させた。

まだまだ未熟だから四苦八苦! 見栄えのいいものは中々作れないが

今の自分の技術・能力はこんなもので大したことない。

まっいいか! ネットじゃ凄いもの作ってるHP見るけど、どうやって?

自己満足の域をでることが出来ない・・・所詮高望みしても自作じゃ無理!

追々と充実させればいいと納得しています。

HPの工事中・・・

HP作成プログラムのバージョンアップをして少し模様替えをしている

内に、グチャグチャになってしまい・・・Topページが真っ白になってしまった。

変更途中で上書きしたのを転送してしまったみたいで・・・

   四苦八苦!!

HP作成のプロならなんでもない状況なんだろうけど、自作の未熟者だから

仕方無しに諦めて、一からやり直ししかない。B・U取るべきだったと後悔

しても、もう手遅れ・・・暫く工事中閉鎖しかない。手を付けている時間的

余裕がないので週末に少しづつ構築することに。

コストを掛ければ直ぐにいいものができるでしょうが、未熟でも苦労して

作り上げたものには愛着もできるし、ただ対商用効果とは別物である

ことは承知していますが。観て貰って何ぼ!だけどね・・・


議論白熱!!

昨晩、某所(料理旅館)で久しぶりに「ささやま百年家」事業部としての会合が持たれました。

全員が(篠山)に生業を通じて何らかの拘り、思い入れを持ったつわもの揃いであります。

当会の運営の話など、形通りの議事進行は終わり、鍋を突付きながらお酒も進み、色んな

世間話や情報交換、またまた丹波篠山のこと・・・お酒の勢いもある中、議論白熱!!

今までにない盛り上がりで、本音のぶつけ合いって感じでした。

その中で、メンバーの力を結集して、篠山に拘り、生産的な議論に発展!!

前向きな生産的発想についつい熱が入り、言葉が大きくなる場面もあlり、有意義な時間を

共有できたと思っています。 まだまだ総論的な話の次元なのでこれからの論議の中で

どう結論付けされていくかは課題としてあります。

只一つ言える事は、こういう議論の出来る機会が少なかっただけに、充実感を持てた。

メンバーには欠席者もいましたが、上機嫌な場面です。(掲載了解済)

P1020606.jpg


 

ささやま百年家   丹波篠山

厳しそう・・・??

久しぶりに行きつけの理髪店へ行くことにした。隣町にある理髪店ですが、春休み中なので

学生が多かったですね。道中に住宅の新築工事現場を2棟見ることが出来ましたが、ハウス

メーカーでした。在来構法のS林、もう一つは2by構法の家でした。両方とも地場の業者では

なくハウスメーカー・・・

この春先、新築の動きがちらほら見受けられてもいいのだが、地場の業者の現場は本当に

見かけることが少ない。というより殆んどないと言ってもいいくらい・・・やはり厳しいんだなぁ?

分譲地にはそこそこ現場があるけど、チラシ・CMなどで見る名前ばかりで。

先日、ある業者の方と久しぶりに電話で話していて、「忙しいですか?」って聞いたら

今はその言葉言うのはタブーだよと冗談とも本音とも分からないこと話してました。

この田舎も大多数の見込み客はハウスメーカーに流れてしまっているのだなぁと感じつつ

話してました。地元に住む者がもっと頑張らないと・・・(頑張っている業者さんも見ること

有りますが)極少数のように思えるのですが?

私にとっても人事じゃなく、死活に関わることだけに必至でもがき続けなければと思う

この頃です。

いよいよ4日から築城400年祭が始まり、市中心街は少し賑わいを見せるでしょうが、浮か

れてばかりでおれない厳しい現実があります。

築城400年祭
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2009年04月 | 05月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: