スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一足早い年越し蕎麦

続きを読む

スポンサーサイト

年賀状を書く時節が・・・

今日はクリスマス・・・私的には他所の世界の話で・・・こなた

今年こそは25日までに年賀状を仕上るぞ!って感じで早目に年賀状も準備していたのだが

まだ全然手をつけてもいない。また今年も大晦日に慌てて仕上ることになりそう・・・

印刷に回せばいいのですが、やはり自前の作のほうが気持ちが入ると思い毎年作成している

のですが・・・年々おっくうになってきている。

しかしお世話になった方への感謝の気持ちを伝えなければと頑張って作ってきました。

この時期になると、今年の重大ニュース、一大事件などマスメディヤで見聞きするが

毎日のように非社員のリストラ・・・宿無しとかの情報が流れている。100年に1度の

経済不況に陥ったという世情・・・あのバブル崩壊時より深刻な、不安な気持ちになる。

身近な業界の現状・見通しにつけても先行き不安な状況にあるようです。

地元篠山市は築城400年祭の本チャンが来年になり、少しは活気づくだろうとは思いますが

果たしてどうなることやら・・・暗い世相を吹き飛ばすくらいの気概で成功裡に終わって欲しいもの

です。 また一過性の打ち上げ花火でなく、将来のまちづくりに繋がっていくと確信しています。

私的にも丹波篠山らしいまちづくりに、小さな歯車の1つとして何ができるかという思いでいますが。

丹波篠山
まちづくり

ぼたん鍋食べて・・・

先日レンガ造りの発電所跡調査の後で忘年会をしました。

参加者は5名でしたが、丹波市山南町青田にある「ぼたん山荘 幸」でぼたん鍋をいただきました。

個人的にはぼたん鍋は苦手の方だったのですが、それが非常に美味しく、味噌風味も私の口に

合い、満足して帰る事ができました。

竹林整備や竹細工講座に参加して頂いたオーナーのKさんが自力で3年余りかけて建築した

店舗で、ほんとに山の中にある山荘です。

丹波竜の里近所ですので一度お立ち寄りいただいたらお思い連絡先など書いておきますね。

ぼたん鍋・バーベキュー山小屋  ぼたん山荘 幸

兵庫県丹波市山南町青田488 Tel・Fax(0795)78-0878(店) (0795)78-0675(自)小谷まで

ぼたん鍋
たんば篠山ぼたん鍋
丹波竜
恐竜化石

癒し空間~~~「マハロ」

       P1010934.jpg            P1010935.jpg

篠山口駅前「kosugi彩華ビル・マハロ」がオープン真近になりました。

昨日、保険所検査も無事完了し事務的に手続きが処理されれば終了でOKとなります。

現在、岩盤浴(ベッド)も搬入され、準備が進んでいます。岩盤浴とアロマセラピーとの

マッチングした癒しの空間づくりです。もっか女性専用サロンですが従前とおり盛況ぶり

を見ることになると思います。

是非オープン後はお立ち寄りくださいね。

施工業者の「㈲大西工務店」さんも忙しい中頑張って工事を早くスムーズに施工して頂きました。

後もう少しです。掃除程度で完了になると思います。

ご苦労様でした。

アロマセラピー
健康サロン「MAHARO」
たんば篠山 ㈲古杉企画
岩盤浴
kosugi彩華ビル

レンガ建築

P1010896-1.jpg   P1010906-1.jpg   P1010911-1.jpg

上久下発電所の耐震調査の準備調査に行って来ました。
屋根は小屋野地板などが雨漏りで腐朽して大きな穴が空いてるような状況でした。小屋組も
腐って全て取替が必要な事態になっています。
躯体は1億数千年前の岩盤の上に載っていますので大きな損傷は見受けられませんでした。
しかし何らかの耐震補強は必要ですが・・・
関西大学の構造の専門である西澤先生らの診断を受けています。
これから本格的に調査に入ります。


             P1010893.jpg

丁度発電所の真下に恐竜の化石発見場所があり、合わせて利活用の計画が進められようとしています。



またその足で市内にある別のレンガ建築物を先生方と確認に行きました。
P1010916-1.jpg   P1010931-1.jpg   P1010921-1.jpg

    これらの近代建築遺産は文化遺産として保存修理して後世に残していくものだと考えます。


レンガ建築

近代化遺産

建築確認申請に思う・・・

昨年の建築基準法の改正、今秋の建築士法の改正などで建築確認申請業務が

従来より負担が掛かるようになった。添付書類ばかりが増えて・・・えっこんな書類までも?

そんな感じで嫌になるときも有る。

今回、構造計算の要する物件で建築基準法改正後初の申請手続きをしたが・・・

構造計算書関係も相当ページ数が増えて、印刷だけでも大変である。審査の指針・方針が

変わったから仕方ないが・・・こういうことばかりで果たして良い物ができることに

繋がるのだろうか?

そう頻繁に確認申請を出している訳ではないので、改正後の煩雑さにうんざりである。

構造面でも今まで細かくチェックされていなかったことも細かいなぁ・・・と言う感じです。

分厚い数百頁もある計算書を隅々まで短時間でチェックするのも凄い労力が要るだろうに・・・

これも改正されたものに準拠しなければ手続きが進まないので致し方ないです。

あとはこちらが慣れるしかないかっていうことですね。

建築確認申請
構造計算


丹波市山南町~旧上久下村営発電所

本年3月、旧上久下村営上滝発電所が国の登録有形文化に選ばれた。

発電所はレンガ造りで近代建築として貴重な上、恐竜化石発見現場に隣接している。

H2Oたんばのメンバーとして、今後の利活用に向けての耐震調査、事前調査のお手伝い

をする予定です。向学のため、スキルアップになればと参加したいと思っています。

調査にはそうそうたる大学の先生方が顔を揃えておられます。

邪魔にならないように勉強したいと思います。

年末から春先にかけて調査・方針が出されるようです。慌しい時節柄大変だけど

滅多にない機会で、興味津々!

上久下発電所
登録有形文化財





伝建地区修理現場見学会・まちづくり講演会

毎年開催されている伝建地区修理現場見学会が開催されました。

見学に先立ち、伝建の「保存からまちづくり」と題して、兵庫県教育委員会文化財室室長の

村上 裕道氏の講演会があり、篠山の伝建を核とした周辺の町も含め将来的なまちづくりに

熱弁を振るわれました。
      
      P1010885.jpg   P1010886.jpg

寒い中、本年度の修理物件の説明を受けています。

但馬の出石の伝建地区関係者も熱心に見学していました。

重伝建地区

出石町伝建地区


寒む~い!?? でも盛況だよ~

P1010873.jpg P1010879.jpg P1010882.jpg

直ぐ近くの丹波旬の市南部店を覗いてみると、「熱々のふろふき大根」の無料サービスをやってました。お客さんじゃないがサービスを受け食べてみました。
寒い中、フウフウしながら黒豆の味噌を付けて食べると美味しかったですねぇ!
お客さん皆喜んで食べてました。

冬野菜の他に、時節柄もうしめ飾りが売ってました。正月まで後半月足らず・・・
世の中マイナーなことばかり報道されていて、先行き不安になりそうです。
ふろふき大根

H2Oたんば~今年最後の竹林整備

竹林
 うっそうとしていた竹林も間引くと竹林の中にも日差しが届き、後々の手入れも楽になり、また竹の子のシーズンには小さな子供さんでも竹の子狩りが出来そうです。
手前の伐採した竹の山・・・全てチップにします。
                                      
竹林
同じ伝建地区内の別の竹林では伐採した竹の利活用で、竹垣の作成をやっています。
竹林の前方には透いた竹林の間から大書院、石垣がよく見えます。
江戸時代の当時にも同じ風景が見ることが出来たのでしょう。

本年度H2Oたんばとしてのまちづくりの一環で文化財の竹林整備は終了しました。
400年祭に各地より伝建地区を訪れて頂いた時、手入れのされた竹林の美しさも観て頂けると思います。

今後また竹林は増殖していきますので、篠山を愛する人々の思いで進められることと思います。
賛同されてボランティア参加してくださった地域の方々、ご苦労様でした。

御徒士町
重伝建

程々に・・・

もう今年も余すところ3週間・・・

この一週間年甲斐もなく2回も完全徹夜作業をやりました。デスクワークですが

PCでの作業、目は疲れる、腰は痛い・・・体に疲れは溜まるし少し位寝ても

耐力は回復しない。 あぁ・・・やっぱり歳のせいだなぁと実感する。

結果、ダウン!丸一日寝込んだ!

何の為の徹夜か分からなくなってしまった。 一時に仕事が(CAD作業)集中したから

仕方ないが、気力はあったが、体は正直でついていけない。

歳相応にしないと・・・そんな思いをしながらまた今夜も・・・夜中の1時過ぎである。

書き込みもこれぐらいにして休まないと・・・

CAD


改正建築士法に思う

業界以外の一般の人たちは殆んど知って居られないと思います。

あの耐震偽装問題が露呈して、消費者保護の観点から法体系の見直し

改正が行なわれ、この11月28日から「改正建築士法」が施工されました。

建築士のレベルアップと建築士事務所の業務適正化を図るべく施工されましたが

運用面においてまだ色んな問題点等を抱えていると思います。

建築士の責任は一段と重くなります。またそれが消費者からの信頼度アップに

繋がればいいのですが・・・果たしてどうなのか少し疑問も残ります。

書類等ばかり増え、手続きにかける比重が大きくなって対応が大変である。

偽装防止にはなるかもしれないが、建物の品質向上に繋がるかなとも思えます。

新たに、構造設計は⇒構造設計一級建築士、設備設計は⇒設備設計一級建築士が

創設されスタートします。H21年5月27日より運用スタートし、一定規模以上の建築物

の設計には意匠・構造・設備それぞれの建築士が設計をしなければなりません。

因みに、2階建て住宅は適用外ですが、構造の安全面のチェックは少し厳しくなる

様です。

改正により建築士が設計及び監理する建物は、建築主と文書で明確な業務の説明の基

契約をしていきます。以前よくありました「名義貸し」の設計・監理は出来なくなります。

設計監理者も重要な責任を負うことが明確化になりました。また罰則規定も新たに・・・

本来設計する建築士は消費者の立場にたって業務を遂行するはずが・・・色んな状況、条件

により本来有るべき姿が曖昧になってきていた、社会的地位が上がらないのもそこらの問題が

起因していると思います。

これからも自らの問題・課題として気を引き締めていく所存です。

改正建築士法  建築基準法  一級建築士



リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

11月 | 2008年12月 | 01月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。