三田の屋敷町テクテク… /さか井建築設計事務所

過日、屋敷町の某所で「武士のくらし」展が開催されていると知り、散策兼ねて

訪れてきました。 屋敷町界隈はかっての侍町であったところ。

学生時代、6年間歩き慣れたところでした…が、かっての面影は殆ど残っていない。

道路も付け換わり、方向感覚がハッキリしなくなってしまい時間の流れを痛切に

感じさせられました。

屋敷町は上級武士の居住区であり、旧九鬼家住宅のある。

江戸初期の有馬氏等以降、1633年九鬼家の領地支配が明治維新まで継続した。

    P1020290-00.jpg
家老職を代々勤めた九鬼家の住宅で、明治8年前後に建てられた全国でも数少ない

擬洋風建築の建物です。当日は開館されてなく内部見学はできず概観だけ写真を…

学生時代幾度と無く歩いていたはず… 全然記憶に無い。


    P1020297-00.jpg
旧屋敷町の面影が… 神社の周辺には残されていた。 半世紀近く前には

学園から三田駅までの道筋で何となくおぼろげに記憶が戻ってきたような…

道幅は当時の10尺道のまま、界隈は変わってしまった。


    P1020286-00.jpg
そのうち、なんと茅葺きの旧武家住宅と思しき建物が、土蔵も残されている。

隣りには5~6階建てのマンションが…

    P1020295-00.jpg
ポツンポツンと古民家が残っている。維新以降の町家建築である。現在いこいの家と

して使われていました。 現在の屋敷町の景観からは古くて浮いているようだが、や

はり旧屋敷町の建物として長く残し、使い続けて欲しいものです。


    P1020276-00.jpg
陣屋の模型ですが、1633年九鬼久隆が三田に転封して陣屋統治が始まり1868年

まで235年間続いた。 入部当時、江戸幕府・家光の時代であった。一国一城令や

武家諸法度で厳しく管理されていた為、天守を構えることは許されなかったが、威風

堂々とした陣屋を構え安定した政治を行った。

※一部解説書引用

時間が足らず、一日掛けてじっくりと散策してみたいものですね。

古い町屋と木の家具

伝建地区の河原町、鳳凰会館で「木工芸展 木と漆の温もり」が開催
されていました。5日が最終日となるので見学に…

多可郡の木工作家、笹倉徹さん等一門6人展、併せて陶芸家等3人
の作家も出展されていました。

木の素材を生かした作品で、ケヤキ、トチ、タモなどを材料に
漆塗りで仕上た家具類。
古民家に凄くマッチングしていて見るだけで癒されました。
       P1000340.jpg    P1000346.jpg

   P1000344.jpg    P1000342.jpg
縁側にディスプレーされた、椅子と額。土蔵の入口の椅子と白磁の花瓶、厨子
古民家のアイテムとして中々のもの…

国の登録有形文化財~上田家住宅主家

GWの終盤、今日も凄くいい天気! 
ついつい出かけたくなり、近くにある登録文化財の上田家まで…
のんびりと、チャリで・・・ 暑い位、汗もかきかき田園地帯の農道を
ゆっくり散策、気持ちいいもんである。
地域一帯で、今は田植えの準備、また田植えをやっている。
農家の人たちは忙しそう!

  近くの犬飼という集落内に、目指す上田家住宅がある。
P1000322.jpg  P1000326.jpg  P1000324.jpg
旧庄屋で、建築年代は江戸中期、保存状況は良好で丹波地方の茅葺き民家の
好例となるものです。

P1000333.jpg  P1000332.jpg  P1000331.jpg
土塀は後年修理が施されているようではあるが、かなりの年月が…
土塀の横に留めているのは、マイ・チャリです。


所有者は居住されていないので、空き家状態、
 何か利活用の手立てはないものか… 惜しいな!

犬飼、上田家住宅主家

朝から夜中近くまで… 古民家etc

今日朝目が覚めると牡丹雪が降ってて、1cm程積もっていた。

 この冬初めてかな、これだけ積もったのは。

 今日は古民家再生ボランティア活動日だが…現場はどうなんだろう…ボランティアは参加してくれてる

 のかどうか。 後からの報告で作業をしたという。寒い中遠方からのボランティアさんご苦労様。


神戸で古民家につけての打合せ会議へと、ボランティアは顔出しできずに。

 それが終わるとトンボ帰りで、篠山の雪は?大丈夫かなと…帰りの車窓から雲行ばかり気になる。

 夕刻の開始時間には滑り込みで…  またまたまちづくり、古民家再生などなど…延々と

 流石に、22時廻ると路面の凍結が心配と… 会議打ち切りとなった。

  一日、集まる人たちは替わったが、古民家に関する話ばかりしていました。

 私は関心があるから話していても楽しい! 飽きない。

  こういうことがビジネスに上手く繋がればいいんだが… それは中々難しいい面もある。

さりげなく…

台風一過、予想された台風被害もなく現場もすっ飛んで行かなくても大事無いと思って

午後から覗きに… 

何の被害もなく、お施主様が落ち葉の掃除をされてて色々と立ち話を。

   これからの進捗につて…


少し時間があったので、行きたかったカフェギャラリー「リム」へぶらりと

    カフェは土日オープンだそうで今日は休みでした。


例のごとく、ギャラリーの写真撮影をお願いしてパチリパチリと…

      何も買う気の無い客は迷惑だったかも。

P1010253.jpg  P1010261.jpg P1010259.jpg


元ラーメン店をギャラリーへとリノベーションされています。

   オーナー自身が解体工事をされて、その時覗き見た事もあり一度行きたかったのです。



またまち中で、さりげなく丹波の旬、秋の旬をディスプレーされているのが目に止まり

   またまたカメラを持ち出してパチリと・・・


                P1010267.jpg
車で走ってれば、おそらく目にとまらない情景かなと思う…

   店先にそっと置いてある、気になる情景でした。


古民家カフェ リム

篠山市丸山/古民家再生内覧会0919

シルバーウィークの初日、午前中には丸山地区へ、午後からは伝建地区河原町のアートフェスティバ

ルを見学にと、一日癒しの気持ちを満喫できました。

丸山地区へは朝から建築士会メンバーらとともに見学させていただき、午後の内覧会は一般向けに

公開されました。民泊施設(農家民泊)として10月オープンとなり、フランス料理店も併せてオープン

となります。

P1010032.jpg  P1010047.jpg  P1010048.jpg
3棟とも地元NPO、地元住民組織の人たちにより家具とか色んなアイテムなどレイアウトされている

途中でした。いい感じに仕上がっていましたね。

P1010052.jpg  P1010050.jpg
3棟の内の一棟の離れ(元は牛小屋で後に納屋として使われていた)と隣接する土蔵とがレストラン

としてリノベーションされました。 古民家とフランス料理店、何の違和感も無くマッチングしています。

オーナーは神戸北野でもお店を開かれていますが、本格的に篠山の山あいのお店にも力が入って

入るようですね。

  P1010053.jpg    P1010054.jpg
隣接する土蔵内部、テーブル席になりました。

主家、離れ、土蔵等現場調査で現況図面を起こすお手伝いをした時には、新建材などで改修され

今の趣は無かったのですが、本来の元の姿を現して化粧しなおすととってもいい感じ、レトロ感と

異文化的なものとの融合が上手くマッチングしてて、癒されました。

こういう感覚、趣が古民家の持つ味わいがあり、歴史観も漂い癒されるところに人気のあるところ

なんでしょうね。

丸山古民家レストラン

続きを読む

古民家ギャラリー「ふろく」へ、 chimacoma cafe へ

昨日の古民家再生プロジェクトへのついでに、第1棟目の再生物件でギャラリー「ふろく」を少し

覗いてきました。同じ日のボランティアの女性と一緒に…

古民家の利活用で市内では、ギャラリーとかカフェとかその他店舗へと古民家を残して利用されて

いるケースが増えてきています。町並みを壊さずに町の活性化に繋がって来ています。

9f844955.jpg  P1000922.jpg  P1000923.jpg



また日曜日に、近所にカレーの美味しいカフェがあるので妻と出かけました。

ご夫婦で田舎暮らしを始め、「CHIMACOMA CAFE」というお店を開いておられます。

R176号沿いにあるので、ナチュラルな雰囲気でカレーが美味しいということで口コミで人気が出てき

ています。 何か女性客が多いと聞きますね。

P1000912.jpg  P1000905.jpg  P1000937.jpg

JR草野駅付近で、高速道路架橋が目印ですよ。  オムカレーです。美味しかったですね。

CHIMACOMA CAFE紹介ページへ⇒ http://www.eonet.ne.jp/~sakai-arc/chimacoma cafe.html

丹波篠山 古民家ギャラリー  CHIMACOMA CAFE

(萱葺き)古民家講習会へ

今日は強い雨の振る中、篠山市の丸山地区で限界集落に陥る寸前の集落全体を保全する事業

  「新たな公」国交省の補助事業で推進されている古民家3棟同時再生現場の講習会に

    参加して来ました。

    P1010147-1.jpg  P1010148.jpg  P1010152.jpg

講習会は兵庫建築士会柏原支部主催で開催され、裏方でお手伝いして来ました。

  県下の建築の専門家ばかり、50数名の参加があり、スタッフ含めると60数名の専門家達が

 研修を行い、有意義な時間を過ごすことが出来ました。

古民家に感心のある専門家が事業推進にあたり、地元専門家、住民、民間組織団体などの

   取組みや、専門家向けの構造1級建築士の古民家の再生に当り耐震的なアドバイスもあり

参加者全員が真剣な眼差しで研修を受けていました。

    P1010165.jpg  P1010163.jpg  P1010164.jpg

また各現場では施工業者の説明を受け、真剣に質問したりしながら施工技術なども教示してもらい

  実に有意義な講習会でした。

参加者の多くの専門家達も伝統的な「ほんもの」を残したい、という思いで参加されていると思いまし

たね。 都市部ではこういった機会に巡り合うことが殆んど無いとの思いで丹波篠山の片田舎まで

   足を伸ばす人たちが多いです。

  私たちは日頃の仕事の中で深く関わっていますので、ある意味幸せだなと感じています。

特に、全国的に今古民家ブームでもあり、人の暮らし方が見直されてきていることを痛感しています。

   ここの古民家は9月中旬完成で、民泊施設としてオープンします。

 田舎体験にもってこいの施設として利活用され、地域と古びた古民家がよみがえります。

    篠山にまたまた誇れる物が生れます。

新たな公  篠山市丸山地区保全  (丸山地区)ふるさと原風景再生マネージメント事業

癒しに…

先週土曜日、市内西町で昭和縁日イベントがあり、見学に行きました。

    昭和レトロをテーマに展示物、催しなど懐かしくて…楽しい一時を過ごせました。

      P1010005.jpg    P1010007.jpg
 ブリキのおもちゃをプレスで押し
 出し成型する機械です。        沖縄太鼓エイサーの実演
 東京からわざわざ…


このイベントに合わせ、古い町並みを散策する「古い町並みナイトウォーク」へも参加しました。

   日が暮れてから、提灯を片手に武家屋敷群~堀端~商家町へと…

途中には竹灯篭が置かれ、ロウソクの灯りで昼間とは全く違った町並みの情景が

      幻想的で良かったですね。 癒されますね。

              P1010035.jpg

伝建地区の小林家長屋門前に置かれた竹灯篭にロウソクの火が灯り、いい雰囲気ですね…

  写真がぶれていますが、竹林整備で伐採した竹で作った灯篭です。

       P1010030.jpg     P1010029.jpg

左右対比した写真です。 同じ時刻にフラッシュたいた写真は何とも味気ないものでしか…

  夜景で撮った写真は家の明かりが格子戸から零れ、灯篭の火が浮かび上がり

    幻想的な情景です。  こんなひと時を楽しみ、竹灯篭作りで汗を流したしんどさも

忘れ、妙な達成感に浸っていました。


                 P1010044.jpg

ナイトウォーク終点にある商家町の一軒が一夜限りの

     古民家BARとしてオープンしています。

 またまたブレて…下手な写真です。 

   でも、商家の窓格子から漏れる明かりは何とも感じのいいもの。

     風情のある町並みです。 古い町並みがかもし出す「町の空気」は大切に

   守り伝えて行きたいですね。 丹波篠山の宝、財産ですから…

古い町並みナイトウォーク
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: