スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

丹波古民家再生PJ~篠山ギャラリーKITA’Sとして蘇える!

3月19日、プロジェクト再生現場「二階町の家」が篠山ギャラリーKITA'Sとして
オープンし、オープニングパーティに出席してきました。


 ボランティアとプロが協働で再生をして、世界的に著名な工業デザイナーの喜多俊之さんが
  オーナーで城下町篠山にギャラリーをオープンされました。


    P1020328.jpg  P1020326.jpg
      再生前よりイメージが変わったでしょう!
             P1020327.jpg
裏庭もご覧の通り! ボランティアさん達が埃塗れ、汗まみれになりながら・・・
  また一つ空家だった古民家が蘇えりました。
又ここが新たな情報発信の基地として篠山が賑わうでしょうね。

     P1020325.jpg  P1020321.jpg
喜多さんとPJの才本さん、ボランティアの津瀬さん記念にパチリ!!

 狭い民家に100名は越えるお客様での賑わいでした。


再生に関わった、専門家、ボランティアの皆さんある意味の達成感に浸っていた思いましたね。
 再生中の武家屋敷、次の利活用に向けて動き出します。
ボランティアさんも一緒に楽しみ、達成感を共有しましょう!

 明日20日作業日です。お待ちしています。

篠山ギャラリーKITA'S 神戸新聞記事へ
スポンサーサイト

丹波古民家再生プロジェクト090704

今日の古民家再生ボランティア作業は… 左官作業で小舞下地に荒壁塗りの作業でした。

土は粘土系の少し臭いのきつい土が準備されており、しかし皆さん最初は少しこぼしたりしながらでも

プロの南左官さんの指導で直ぐにコツが分かり、結構上手く塗っていました。

       P1000424.jpg   P1000428.jpg

    女性も上手に塗っています。   午後になると慣れたもんですね
       P1000426.jpg       P1000433.jpg

鏝で塗りつけるには少し腕の力がいる様で、だるそうでしたが皆さん真剣そのもの!!

中々こういう体験は出来ないと思いますので、いい思い出にもなるでしょうね。

丹波古民家再生プロジェクト0502

今日のボランティア講座は前回刻み加工が済んだ柱、梁、土台の据付等とプチ棟上作業です。

GWの最中、神戸、大阪など遠方より参加してくれました。十数人の参加があり、この状況を

プロの映像作家がまたまた大阪より着ていただきました。

自分たちが刻んだ部材を組み立てる(建て方)体験などそう有るものじゃないと思いますし、

いい体験が出来た様子でした。(勿論、プロの大工さん等がサポートしながらですが…)

      P1030037.jpg            P1030039.jpg
土台へ柱を建て相槌で…力が逃げている?      桁材を既存建物へ差込…
 お若い女性が力をこめて

      P1030049.jpg            P1030058.jpg
   次は梁丸太を架ける段取りで…       垂木の取付け、手に手にインパクトドライバーを

スタッフとしては注目はしながらあまり口出しはせずに、見守り写真撮りにと…作業工程は
森田棟梁と2人の大工さんが手際よくサポート、リードにと、途中には数分のミニ講座を交えながら
予定の時間に作業の終了となりました。

最後にはプチ棟上式ということで、神主、お神酒等は無しですが、事務局の西垣さんが「餅」を
準備して頂きましたので、これもプチ餅まきイベントとして参加者全員で楽しみました。

                    P1030062.jpg
皆さん本当に楽しそう… 子供の頃の祭りとか棟上式などなどでの思い出がオーバーラップして…

                    P1030072.jpg
                西垣さんが準備してくれたお餅です。

こうしてボランティアの皆さんは古民家の再生現場で少しずつ実践を体験しながら、篠山はいいなぁと

感じてもらえば、田舎暮らしをするなら篠山で…ということになれば最高ですね。

実際、古民家での暮らしを夢見て参加されている方が多いです。また情報を求めて参加されている方

が殆んどです。何処に聞けば分からない、何処に行けばいいのかも分からないという人が殆んどで

す。参加する人はネットで知ったという人ばかりですね。 より丹波篠山を好きになってもらうことが

丹波篠山に住もう…、古民家、町屋などを残すことに…景観を保てることにも繋がると考えています。

この古民家(町屋)のオーナーは有名な芸術家ですし、関連の人たちの来篠が増えて、次の情報発

信へとなると思います。

そんなお手伝いを直接的、間接的な立場で汗してます。

丹波(たんば)篠山の田舎暮らし

丹波古民家再生プロジェクト0418

今回のボランティア講座には… 徹夜して参加してきました。

おかげで撮った写真もピンボケが…

今回から大工作業講座に入り、少しレベルの高い作業でした。

土台の柱ホゾ穴掘り、継手加工と桁材の金輪継手加工と果たして

何処まで出来るかな?と思いきやボランティアの皆さん中々うまい!

大工さんが付きっ切りでアドバイスしてましたが無事完成!!

女性もノミで刻み作業…中々好きで参加されてるだけに手つきがいいです。

P1020675-1.jpg  P1020659-2.jpg


また、今回はM女子大の建築科の生徒40名程が再生現場の見学に

来られ、真剣にメモ、スケッチにと...

P1020666-1.jpg

丹波古民家再生プロジェクト090321

今回のボランティア講座には女性が多く参加してくれました。 3連休の中日で道行く観光客も

珍らしそうに足を止めて作業風景を見てましたね。

今日は大工作業講座で作業台の簡易脚板の作成、400年祭のイベントで使用する板看板の

作成と電動工具など使用して作成しました。 プロの大工さんの指導で工具の使い方など真剣に

聞いてましたね。

P1020404.jpg    P1020407.jpg    P1020414.jpg
材料を寸法通りカット       電動丸のこでカット       看板用板のカット

P1020415.jpg   P1020417.jpg
組立完成です。      丸円繰り抜き完了、後はベンガラ塗りです

                  P1020418.jpg
今日の作業の最後に、足場材の荷降ろしです。疲れての最後の作業として少し腕が痛い!

そんな状況でしたが、参加者楽しそうに協力して終了です。

皆さんご苦労様でした。 次回は400年祭イベントも始まり、色々と楽しめますよ!

沢山の参加、お待ちしていますよ。

古民家再生プロジェクトへ

篠山市二階町で再生プロジェクトが動いています。今月2回目のボランティア講座へ専門家
スタッフとして参加してきました。
今日の作業は解体です。屋内天井と屋根解体作業・・・ボランティアの方前回に参加された
方たちも含め、今日は初参加の青年が来てくれました。但馬の城崎からで、セルフビルド
で建てたいという・・・体験学習してその夢を実現したいと話されてました。
皆さん・・・西宮、神戸、枚方、春日、城崎、奈良などと市外の人たち・・・汚れ作業も楽しそう・・・

               P1020143.jpg
瓦棒葺き屋根の解体作業で女性2人も高いところも何のその・・・バール(工具)を手に!
写真上に見えるのは歴史美術館です。

               P1020136.jpg
屋内天井の解体中で・・・今回はプロの映像作家「奥村恵美子」さんが撮影に来られました。
出来上がりの映像が早く観たいものです。

               P1020146.jpg
午後からは伝建地区の河原町でオーナーのK氏ご家族が自らコツコツと再生に向けて解体を
進められています。その現場を見学させて頂き、お話を聞かせて頂きました。
折角だからということで、ボランティアの方たちが少しお手伝いして帰りたいと言う事になり
急遽、天井の解体作業が始まりました。
因みに、天井裏に登り解体しているのは・・・女性です!再生ボランティア3棟目のベテラン!!

休憩時には美味しい甘酒を頂きました。
皆さん素人ですが経験が重なるたびコツも分かってスムーズに完了しました。
このオーナーさんが手造りの電灯の笠を取り付けておられ、竹の枝と和紙を使い素朴ながら
味のある照明器具になっていました。 

    どうして造るのですか?といった
話に花が咲き、皆さん物づくりが好きで、それもセルフビルド、手作りにこだわりを持って居られる
なぁ・・・と感心しながら聞いていました。

セルフビルド 古民家ボランティア

丹波古民家再生プロジェクト

昨日、土曜日にNPOたんばぐみが進めている「丹波古民家再生プロジェクト」に専門家スタッフ

として参加してきました。現在篠山市二階町で3棟目の再生がボランティア講習を兼ねて

始まっています。再生時の作業の色々な場面にボランティアの方が参加してものづくりを

しながら体験学習をされています。月二回の開催ですが、今回は神戸、西宮、奈良県

などから来られていました。1棟目から参加している方もあります。セルフビルドでDIYやりたく

体験したくて参加されている方も多いです。

今回は現場に保管している道具類を整理するために、仮設の道具棚造りです。

プロの指導で作業の主体はボランティアの方で造り上げました。


        P1020040_convert_20090208211104.jpg   P1020043_convert_20090208210828.jpg

ボランティア講座参加者の募集をしていますので、NPOたんばぐみ事務局までどうぞ。
http://blog.livedoor.jp/tambakominka/

丹波古民家再生プロジェクト  NPOたんばぐみ  古民家再生
リンク
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


フリーエリア
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。